開封後の日焼け止めは直接日光が当たらず、火気の近くでない場所で保存しましょう。

MENU

日焼け止めの使用期限

去年の日焼け止めは今年も使っても大丈夫なのかな?
新しく買ったほうがいいのかな?
と夏になるたび悩んでいませんか?

 

日焼け止めは直接肌につけるものなので、肌が荒れてしまったり、日焼け止めとして効果を期待できるのかどうか気になりますよね。
一般的な日焼け止めには「防腐剤」が入っています。
そのため「未開封」の状態であれば「3年」ほどであれば使用する事が可能です。

 

開封した後は防腐剤が入っていても雑菌がついてしまう恐れがあるので、できる限り早く使い切る事が理想的です。
とはいっても日焼け止めを使い切らないまま放置してしまうのも良くある事です。
開封した後はどのくらいの使用期限があるものなのでしょうか?

 

日焼け止めのタイプ別の使用期限

日焼け止めには色々なタイプのものが販売されています。
様々なメーカーが日焼け止めを出していますが、どのメーカーであってもタイプが同じであれば使用期限は同じだと考えてよいでしょう。

 

ミルクやジェルタイプ 開封済みのものは「1年以内」の使用期限となっています。
エアゾールタイプ(スプレータイプ) 開封済みであっても「製造から3年間」使用可能です。

 

これらの使用期限は「保管状態のよいもの」のことを指します。
開封後の日焼け止めは「直接日光の当たらない場所」かつ「火気の近くでない場所」で保存するようにしましょう。
また、液ダレはきちんとふき取り、ふたもしっかり閉めておきましょう。

 

無添加化粧品の場合 防腐剤などが含まれて居ない為、開封後の使用期限は約6ヶ月ほどになります。

 

使用期限が記入してあるものもありますので、確認してみてください。
もしも開封してから時間のたっている日焼け止めを使用するのに不安があるときは、顔ではなく体に少量つけて試してみる事をおすすめします。

 

日焼け止めの正しい塗り方はこちら