しっかり保湿されている肌は紫外線に対して防衛機能が高くなるので、保湿を忘れずに!

MENU

日焼け止めの塗り方

 

日焼け止めは繰り返しこまめに塗り直さなければいけないことは、今ではスキンケアの常識になっています。

 

しかし正直言って面倒臭いことでもありますよね。
特に曇りや冬場などは、日焼け止めそのものを忘れてしまいそうになることも。

 

でもね、やっぱり必要なんです、日焼け止め。
ここで、日焼け止めの種類正しい塗り方をもう一度おさらいしてみましょう。

 

 

 

日焼け止めの種類

 

タイプの違い
紫外線吸収剤 オキシベンゾンンやケイ皮酸誘導体などを使い、紫外線を熱や赤外線に化学変化させて肌への侵入を防ぎます。
紫外線散乱剤 酸化チタン・酸化亜鉛などの光反射作用を利用して、紫外線を肌表面で跳ね返して防御します。

 

紫外線吸収剤を使っている日焼け止めの方が、紫外線防止効果は高いのですが同時に肌への負担も大きくなります。
反面、紫外線散乱剤は肌の表面に反射材を貼った状態をイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。

 

どちらのタイプを選ぶかは、自分の肌質とその時の使用環境に合わせて使い分ける柔軟性が必要ではないでしょうか。

 

 

SPFとPA
SPF 紫外線B波を防御、最高数値は50+まであり数値が高くなるほど日焼けする時間がゆっくりになります。
PA 紫外線A波を防御、「+」表記で示されていて現在「++++」まで発売されています。

 

数値が高いほど日焼け止め効果は高くなりますが、決して「焼けません」ということではないのです。
日焼けする速度をどのくらい遅くさせるかの時間差が違うのです。

 

 

形状の違い

液状タイプ クリーム、ローション、ジェルなど。
シートタイプ 日焼け止め防止剤がウェットシートになったものです。
スプレータイプ スプレーで日焼け止め剤を噴霧できます。

 

液状タイプがポピュラーでしたが、最近ではシートやスプレーも使い勝手の良さから支持されるようになってきました。

 

 

日焼け止めの正しい塗り方

数値に関係なくこまめに塗り直す。 皮脂などで剥がれてしまうため、通常2~3時間を目安に塗り直しましょう。
季節によって使い分けてみる。 A波は1年中ですがB波は夏の晴天時がMAXなので、季節や天候に合わせた使い分けをすると楽しく日焼け止めが使えるかも。
箇所によって使い分けてみる。 顔はメイクの下地+仕上げパウダーに日焼け止めを使い、腕や足にはスプレーやシートを使うなどすると手間が簡素化できるかも。

 

日焼け止めを塗るときにわすれてはならないのが、保湿です。
また保湿がしっかりされている肌は、紫外線に対して防衛機能が高くなっています。