ユーメラニンの量がフェオメラニンの量より多い人は、紫外線に対して免疫力が高いと言えます。

MENU

肌の色の変化の違い

色白や色黒という言葉をよく耳にします。

 

色黒の人はちょっと太陽の光を浴びただけでも、もっと肌の色が黒くなり、色白の人は赤くなってもやがて白く戻ります。
この違いはどうしてなのでしょう?

 

 

メラニンは敵か味方か?

「色黒」「日焼け」「メラニン」などは、シミやソバカス、くすみやシワを連想させられるので
マイナスイメージを強く持っている人が多いようです。

 

けれど、本当にそうなのでしょうか。
メラニンが人の体内で作り出されることの意味を知ると、考え方が変わるかも。

 

そのメラニン色素を作り出す細胞を、メラノサイトといいます。
紫外線が皮膚に刺激を与えると、SOS信号がメラノサイトに届きメラニン色素を生成し始めます。
こうして出来上がったメラニンは、これ以上細胞が紫外線によって壊されないように日傘の幕を張り巡らします。
この状態を目で見ると「焼けて色が黒くなった」状態。

 

やがてゆっくりと、それらのメラニンはターンオーバーと共に角質層上部へ押し上げられ、老廃物として剥がれ落ちていくのです。

 

 

「ちょっと待って、じゃあシミは?くすみは?」
そんな疑問の声が聞こえてきそうですね。

 

日に焼けて黒くなったからといってイコールでシミにはならないということ。
シミになるのは、肌環境の悪化やターンオーバーが乱れて細胞の生まれ変わりが出来なくなってしまった状態で起こる現象なのです。

 

剥がれ落ちるべきメラニンが長く残り、一か所に集まってできるのがシミやくすみ、色素沈着です。
メラニンは細胞のガードマン。
そのガードのお仕事が終わったら退出させれば、日焼けによるシミのリスクは低くなるということですね。

 

 

 

色白と色黒の違い

ずばり、持っているメラニンの種類の量が違うのです。

 

メラニンには2種類あります。

ユーメラニン 黒色~褐色 紫外線反応で活性酸素を除去
フェオメラニン 赤色~黄色 紫外線反応で活性酸素を製造

 

人間はこの2種類のメラニンの比率で、肌の色や髪の色、目の色が決まります。
すぐに黒くなる人はユーメラニンの量がフェオメラニンに対して勝っているからなんですね。
紫外線に対して免疫力が高いとも言えるそうです。

 

赤くなった肌の対処法はこちら