日焼け後の肌にメラニンの生成を抑える美白成分をご紹介します。

MENU

焼けた肌に必要な成分

 

長時間の屋外での活動はうっかり日焼けをしてしまいがち。
紫外線は1年中降り注いでいるのです。

 

今日は青空の下をよく歩いたな、買い物に出たとき日焼け止めを忘れたけど大丈夫かしら?
などの「やっちゃったな」という時、ありますよね。

 

そんな焼けた肌に必要な成分は?

 

 

日焼け肌とはどんな状態?

日光に当たって焼けるということは、皮膚にとっては炎症を起こしている状態となりヤケドと同じです。

サンバーン 主に紫外線B波が表皮の内部に侵入して、細胞を破壊します。

症状が出るのは約半日以内で、その後徐々にピークを迎え1日~2日後が最も酷くなります。
痛みやかゆみ炎症による赤みが主な症状で、日光皮膚炎として皮膚科治療の対象になっています。

サンタン 主に紫外線A波が表皮を通り抜け、真皮にまで達すると起きる肌の色素沈着です。

自己防衛機能であるメラノサイトが活動を開始して、メラニン色素を大量に生成します。
色素沈着の進行は1日~3日をかけて進んでいきます。

 

日焼けをした肌はダメージを負うので、本来の機能を失ってしまいます。
そのことにより保水力が低下し、皮脂分泌が異常となって乾燥が進んでいくのです。
死滅した細胞を排出する機能(ターンオーバー)も狂っているので、長時間の色素沈着が起こり肌の黒化に繋がります。

 

 

 

焼けた肌を美白する成分とは?

 

焼いてしまった肌に使いたいのが美白化粧品ですが、その成分には厚生労働省が認可した美白成分が入っていますか?

 

美白に効果があると認められた成分 一般的に美白作用が実感されている成分 併せて飲みたい
焼けた肌を落ち着かせるハーブ
・ビタミンC誘導体

・アルブチン
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・リノール酸
・カモミラET
・トラネキサム酸
・サリチルサン誘導体
・マグノリグナン
・プラセンタエキス

・グラブリジン

・ハイドロキノン
・ニコチン酸アミド
・イソフラボン
・エナジーシグナルAMP
など。

・ローズヒップ

・ハイビスカス
・ルイボス
・カモミール
・ヒース

 

正しいスキンケア方法で肌の回復を目指しましょう。